フランクフルト観光

あっと言う間の2日間を楽しく過ごして次はフランクフルトへ。アイルランドへ移動する日なのですが、夜遅くのフライトを選んだのでほぼ一日フランクフルト観光にあてました。英語がほとんど話せない彼との旅でどうなるのか心配だったのですが、コミュニケーションを取りたい!と言う気持ちとビールのせいなのか自分から発信してくれて良かったと思いながら寝ていた夜、私がふと夜中に目を覚まして眠れないなと思っていたら彼が"Yeah, I'm working!!" と寝言を。ん??と自分の耳を疑いながらも笑いが止まらず、でも彼を起こしてはいけないとこらえるのに必死037.gif朝その事を伝えるとびっくりするとともに、また笑いが起こってました。それだけ英語に慣れてきのか、英語な日々に頭の中がいっぱいいっぱいで溢れてしまったのか...。

フランクフルトまでは来た行程を反対に電車を乗り継いでと思っていたら工事があってその手段ではICEに乗り換える駅に行けないと発覚!一番簡単な行き方を教えてくれて無事にケルンメッセ駅のICE(長距離列車)のホームへ。少し電車に慣れてきたと思って余裕で乗り込んだら予約していた車両とはかけ離れたところに乗ってしまい移動が大変でした008.gifやっぱり駅員さんに聞くに限ります。
e0181036_10363464.jpg
さー、フランクフルト! 2008年に1人で滞在した時はツアーに参加してましたが、今回どうしても行きたいところがあったんです。まずは駅構内のロッカーに荷物を預けレッツ ゴー!!

どうしても彼を連れて行きたかったのはこちら。
e0181036_1653407.jpg
クライン マルクト ハレ(屋内市場)にあるソーセージ屋さん、SCHREIBER(シュライバー)。
e0181036_19291410.jpg
ドイツでは焼きソーセージが有名ですが、こちらは茹でソーセージを販売している珍しいお店。市場には何店舗かソーセージ屋さんがあるのにこちらは行列。しかもドイツ人がたくさん並んでるので美味しいに違いない、と並んでいる時からワクワク。普通ソーセージを買う時は1本とかで買うんだけど、こちらは2種類の茹でソーセージから選んで、おばさんがどのくらいいる?とソーセージにナイフを当てながら聞いてくるので"mehr"(もっと大きく)、"weniger"(もっと小さく)とお願いして切ってもらいます。それからソーセージの皮を剥いてもらって("Ohne Pelle" -- 断然その方が美味しいです)、パンはいる? の質問に答えると有無を言わさずたっぷりのマスタードが乗った紙皿に乗せてくれます。私たちは2種類を頼みどちらも食べてみることに。ん〜美味しい016.gif リピートしたくなる美味しさでした。おばちゃん2人でやっている小さなお店。フランクフルトへ行くならぜひ行ってみてください。

と、順調にここへ辿りついたように見えますが実は地図を持っておらず前回フランクフルトに来た時にチェックしていた地図を思い出しながら、なんとなくこっちと嗅覚を働かせ勘を働かせ、住所だけは持っていたので途中のデパートで簡易地図を見ながらこちらへ着けました。

堪能した後も地図は見ず記憶をもとに大聖堂、マイン川沿いを散歩、マイン側クルーズ、レーマー(旧市庁舎)、ハウプトヴァッへへ。マイン側クルーズは予定外だったけれどお天気が良かったし時間もピッタリ合ったので乗ってみる事に。紅茶とビール(彼)で優雅に。
e0181036_10381472.jpg
e0181036_10394177.jpg
クルーズ後はお腹が空いたのでフランクフルトの名物アップルワインを飲みながらのごはんをハウプトヴァッヘで。野菜不足を感じていたのでサラダとパスタをシェア。アップルワインは...あまり好みではありませんでした008.gif

次の国、アイルランドへ向かいますよ〜。
と、その前にフランクフルト駅でフランクフルトソーセージでドイツにさようなら029.gif

旅行・お出かけ




[PR]
by kanakina | 2012-10-23 09:51 | Travel (abroad) | Comments(0)
<< ドイツでの写真いろいろ ケルン滞在 2日目 >>